社葬

  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
01 12 23 34 45 56 67

 向日葵の会では、会社のCI(コーポレート・アイデンティティ)に基づいた社葬を、CG(コンピュータ・グラフィックス)を用いて制作し、事前にイメージとコストシミュレーションが確認できます。その他、税務のご相談や、社葬にあたっての社員教育なども、トータルにご提案いたします。



向日葵の会が考える社葬とは

 企業や団体が主体となって葬儀の責任を負い、費用を負担する葬儀。規模の大小は関係なく、近年ではいわゆる大企業以外の企業でも施行されるケースが増えています。
 なお、社葬を執行するにあたっては、「社葬規定」を取締役会で決め、議事録を作成しておく必要があります。社葬の費用の一部は、福利厚生費の損金として処理することが可能です。



向日葵の会が考える社葬とは

 会社に対する功績者がなくなった場合に、社を挙げて御霊を慰め、追悼すること以外に、社員に対し新しい経営姿勢を知らしめたり、愛社精神の再認識などの役割も持たせることができます。
 また、取引先や株主に対しても、企業文化の姿勢・今後の体制などを広報できると同時に、信頼感を訴求することができます。



向日葵の会が考える社葬の種類

社葬 (団体葬)

 一般に個人ではなく企業が運営の主体となって行う葬儀・告別式です。

合同葬

 葬家と企業が合同で主催する場合、あるいは、2つ以上の企業や団体が合同で主催する場合に「合同葬」と呼ばれます。

お別れの会

 宗教的な儀式性を重視せず、自由な形式で行い葬儀・告別式を「お別れの会」と呼びます。

偲ぶ会

 お亡くなりになった後、ある程度の日数を経てから追悼の意味を込めて行われるのが「偲ぶ会」です。



注意

※ご掲載致しました商品につきましては、季節により花材が一部異なる場合がございます。
※祭壇は設置間取りにより変更させていただく場合がございます。
※デザインの一部変更などもご相談ください。